歯がしみる・痛む症状があるなら、虫歯を疑いましょう

お口の中で虫歯菌と糖分が出会うと「酸」を生み出し、歯を溶かします。これが虫歯のメカニズムです。お口の病気の代表例である虫歯は、初期にはほとんど自覚症状がありません。歯にしみる、痛いといった症状があるなら、すでに虫歯が進行しており、治療が必要である可能性が高いといえます。

虫歯チェックリスト

次のチェックリストに一つでも当てはまるものがあれば、虫歯になっている、もしくはなりやすい状態です。気になる症状があれば、お早めに横浜市保土ケ谷区の「ひろき歯科」へご相談ください。

お口の状況
  • かつて虫歯になった経験がある、虫歯治療した経験がある
  • 歯と歯が重なっている部分がある
  • 歯並びから外れている歯がある
  • デンタルフロスが切れやすい
  • 歯にザラつきが感じられる
生活習慣
  • 間食が多い
  • 甘い食べ物・飲み物を1日3回以上口にする
  • デンタルフロスや歯間ブラシの使用が週3回以下
歯の見た目
  • 歯の表面に白い濁りや茶色や黒く見える部分がある
  • 歯に穴が空いている
  • 痛みなどはないが、歯に大きな穴が空いている
自覚症状
  • 冷たいものを口にするとしみる
  • 熱いものを口にしてもしみる
  • 何もしてなくても歯に痛みがある
  • 上記の症状があったが、今は痛みやしみる症状はない

虫歯の進行段階と治療法

ある程度進行した虫歯に対して、歯を削る処置が必要になります。当院では、歯を削る量を必要最小限に抑える「低侵襲(MI=Minimal lntervention)」を常に念頭に置いた診療を行っています。削ること自体が歯の寿命を縮めてしまうことになるからです。患者様の負担をできるだけ軽減した治療を心がけておりますので、以下で虫歯について知り、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

進行段階 症状・状態 治療法
C0 ごく初期の虫歯です。歯の表面にあるエナメル質が虫歯菌の出す「酸」で溶かされ始めています。痛みなどの自覚症状はなく、歯の表面が白っぽく濁って見えます。 この段階なら、適切なブラッシングやフッ素塗布(MIペースト)などを活用し、再石灰化を促すことで、自然治癒が期待できます。
C1 エナメル質がさらに溶かされています。歯に茶色か黒っぽく見える部分があります。冷たいものを口にすると、しみることがありますが、痛みはまだありません。 虫歯に汚染された歯質を削り、歯科用レジン(プラスチック)で削った部分を補います。
C2 エナメル質の下層にある象牙質まで虫歯に冒されています。冷たいものだけでなく、甘いものを口にするとしみたり、痛んだりします。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物を装着して、歯を補います。
C3 神経まで虫歯が到達しています。冷たいものや甘いものだけでなく、熱いものを口にするとしみます。ここまで達すると、何もしていなくてもズキズキと痛みます。 神経を取る「根管治療」を行います。虫歯に汚染されている歯質や歯の内部の歯髄(神経・血管)を取り除き、洗浄・消毒、薬剤を詰めて、被せ物を装着します。
C4 歯の大部分が溶かされた状態です。神経はすでに死んでいるため痛みは感じませんが、歯の根に膿が溜まり始めると激しい痛みと腫れが出てきます。 ここまで達した虫歯の場合は、抜歯するしかありません。抜歯後は、入れ歯インプラントといった補綴(ほてつ)治療で歯の機能を回復させます。

痛みの少ない治療

当院では麻酔の時に、痛みを軽減するために表面麻酔(写真左)を塗り、針を刺す痛みを軽減させています。
実際に麻酔を行う際にカートリッジウォーマー(写真右)で麻酔液を人肌程度に温め、麻酔液注入時の痛みも軽減しています。

治療後のメンテナンス・ケア

虫歯治療後も、適切なメンテナンスを怠るとお口の中に歯垢が溜まり、虫歯が再発してしまう可能性があります。そのため、定期的にきれいに除去することがお口の健康のためには重要です。お口の中の変化をしっかりチェックする定期検診はじめ、積極的に当院の予防歯科メニューをご活用ください。

お子さんの歯は大丈夫ですか?~小児歯科~

小さなお子さんが自分で歯のケアができるようになるまでは、親御さんが虫歯から守ってあげなくてはなりません。痛みなどの症状が出てからの受診では、心理的にも身体的にもお子さんの負担となります。小児歯科の基本は「予防」です。当院では、予防処置のほかに仕上げみがきのコツなど、親御さんへのアドバイスも行っています。お子さんの歯に虫歯がないときからご利用いただき、予防にお役立てください。

親御さんにお願いしたいこと

お子さんの歯の健やかな成長のために、次の点に気をつけてあげましょう。日々の習慣を身につけることが、未来のお口の健康につながります。

食習慣

毎日の食事を楽しいものにすると同時に、栄養バランスや食事のタイミング、摂り方にも気をつけてあげましょう。

ダラダラした食事・おやつは虫歯のもと
糖分の多いおやつは控えましょう
キシリトールやノンシュガーのおやつを活用しましょう

生活習慣

ブラッシング習慣を身につけさせましょう。

食後は糖分がお口に残らないようにブラッシングかうがいを

睡眠時はだ液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすいので、就寝前にブラッシングする習慣を

ブラッシングに抵抗感を持たないよう楽しい工夫を
親御さんの仕上げみがきできちんと歯垢を落としましょう

クセの改善

次のクセは、歯や顎の成長を妨げたり、歯並びの乱れの原因となったりしがちです。早めにやめさせてあげましょう。

指しゃぶり 爪噛み
ほおづえ よく噛まない食事(丸呑み)

定期検診 定期検診では、お口の成長を見守るだけでなく、適切な予防処置で歯を虫歯から守ります。予防処置には痛みはありませんので、恐怖心につながることもありません。幼い頃から歯医者さんの雰囲気に慣らしてあげましょう。
家庭内感染の防止

お子さんのお口に虫歯菌が存在する原因は、家庭内での感染によるものです。次の点に注意して、家庭内感染をできるだけ防ぎましょう。

食べものを口移しであげない

赤ちゃんの口に入るもの(手・食器・スプーン・哺乳瓶など)に親御さんのだ液がつかないようにしましょう

ご家族のお口から虫歯菌や歯周病菌を減らしておきましょう(クリーニングや定期検診の活用を)

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導(TBI)

お子さんの成長とお口の状況に合ったデンタルグッズの選び方、歯ブラシの動かし方などを指導します。親御さんへは、仕上げみがきのコツをアドバイスしますので、わからないことがあればお気軽にご相談ください。

フッ素&MIペースト塗布

歯の表面に、虫歯予防効果の高いフッ素を直接塗布する予防処置。フッ素は、エナメル質から溶け出したミネラル分(カルシウム・リン酸イオン等)を再び吸収させる「再石灰化」を促します。また、ミネラル分が豊富に含まれるMIペーストを塗布することで、虫歯に強い歯を作ります。当院では、いずれも無料で行っています。

ごほうび用ガチャガチャ

治療を頑張ったお子さんのために、ガチャガチャをご用意しています。

当院では無料検診を行っています


乳幼児無料検診「ぴかぴかはみがきくらぶ」

乳幼児から小学生くらいのお子さんをお持ちの親御さんを対象にした無料の説明会です。ブラッシングの仕方、フッ素やMIペーストの有用性をご説明いたします。

詳しくは「ぴかぴかはみがきくらぶ」

横浜市指定 妊婦さん無料検診

横浜市指定の妊婦健診を行っています。
妊婦さんが対象の検診です。歯周病予防を目的に、ブラッシング指導やサリバスターによる簡易テストを行います。母子手帳にある無料券を持参してください

詳しくは「妊婦健診」へ

虫歯にならないために、予防歯科が重要です

PAGETOP